塗料の効果

マンションの建築

家を建てて7年から10年ほど経つと、そろそろエクステリアの部分に傷みや不具合の修理、使い勝手を変更するといったリフォーム工事が必要となります。
しかし、そうは言っても外見が少々くたびれた程度でまだどこも悪そうなところはない、という意見の方も少なくないようです。
確かに静かな環境の良い地域の住宅では、あまり外壁の汚れも目立たず、屋根や外構にも問題がないように見えるものです。
しかし、そんな住宅でもよく見てみると、外壁に小さなヒビがあったり日当たりの悪い部分に黒いカビが発生していたり、屋根の瓦がずれていたりスレートにめくれがあったたり、といった小さな傷みが発見されます。
実は、この小さな傷みがリフォーム工事のサインでもあるのです。
これらの例は、一見傷みとしては小さく取るに足りないものと考えがちですが、実際には家を損なう大きな傷みにつながっているのです。
大切な家だからこそ、快適に長く住むにはエクステリアのリフォーム工事は欠かせません。
特に屋根や外壁は、外見を整えるため及び家自体を守るために必要で、かつリフォーム人気の高い場所なのです。

新築時の外壁塗装の劣化は、ヒビや黒カビの他、手で触ると白い粉状のものが手につく、といった形で現れます。
外壁塗装は、雨風や汚れた大気、紫外線などが家内部の侵入しないよう防ぐ役目を担っています。
ところが、こうした劣化が起こるとその役目を果たせず、雨水等が徐々に侵入し柱や床などを腐食させる可能性が高くなるのです。
屋根も同じく、雨水等の外からの侵入を防ぐため塗装や工事を行っていますが、劣化が起これば雨漏り等が発生し、家内部が腐食してしまいます。
これらを防ぐためにも、劣化が見られたらなるべく早くリフォーム工事を行うことが肝心です。
なお、外壁塗装の塗り替えの際に使用される塗料には、アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素の4つの樹脂塗料があり、価格はこの順で高くなります。
価格と塗料の耐用年数は比例しており、最安値のアクリルの耐用年数は5年から7年、最高値のフッ素は12年から15年ほどと言われています。
塗料を選ぶ際には、価格だけでなくこうしたコストパフォーマンスも考慮する必要があるのです。